美白成分・ハイドロキノンはどんな症状に有効か?

ハイドロキノンクリームでシミ対策 - 効果がない場合とは

できてしまったシミでも、紫外線によるものなら美白成分で徐々に薄くしていくことはできますが、原因が他にある場合、または形が変わったものには効果はないと言われています。どのようなシミがそうなのかというと、肩から背中にできる「花弁状色素斑」、シミが盛り上がってしまった「脂漏性角化症」、遺伝的要素のある「雀卵斑」というものです。

まずは簡単なものからお話しますが、遺伝的要素のある「雀卵斑」とは「そばかす」のことで、紫外線によって濃くなったものなら美白成分で薄くしていくことはできますが、完全には消えないと言われています。

シミが盛り上がってしまう「脂漏性角化症」は皮膚が変形してしまっている状態のため、美白成分では効果が無く、それを取り除くには皮膚科でのレーザー治療が必要となってきます。

肩から背中にできる「花弁状色素斑」の原因は、紫外線を急激に当ててしまうことでできます。いわゆる、屋外での日焼けが原因となります。よくみると花びらの形をしていることがわかります。これらに対し、自己流で消そうとして肌をこすり過ぎるのはよくありません。効果を出すためには専門医のもとでレーザー治療を受けるというものになります。

女性にシミが多い原因の一つとして、「肌を触りすぎていること」がありますが、男性は紫外線対策をしてないのに女性にシミが多いのはそのへんもあるのです。皮膚への摩擦によってできるシミだってあります。痒みがある部分を思い出してください。皮膚をかきこわし炎症ができていたり、色素沈着を起こしているかと思います。

摩擦によってできた色素沈着はそこに刺激を与えずにいると徐々に薄くなっていきますが、先に上げた脂漏性角化症、雀卵斑、花弁状色素斑は何もしなくても薄くなるということはあまり考えられにくいと言えます。

いずれにしても紫外線対策をしっかりと行うことでできにくくすることができますので、顔だけじゃなく、紫外線にさらされる部分全てに日焼け止めを塗るようにしましょう。

ニキビ痕を美白成分で薄くしていく

ひどくなってしまったニキビは、肌を凹凸にしたり、色素沈着という形で痕を残してしまいます。凹凸になった皮膚を完全にキレイにすることはできませんが、色素沈着なら徐々に回復させることは可能です。

今現在もニキビができているという方なら、肌を乾燥させないようにし、ニキビの原因を取り除くようにしましょう。脂っぽさがあるニキビ肌ですが、肌が乾燥しているため余分な皮脂が分泌されているのです。保湿をしっかりすることでそれを防ぐことができます。

ニキビ対策をしながら色素沈着を起こした痕を薄くするには、ニキビ有効成分とビタミンCを取り入れてください。それが入った化粧品を使うということです。ビタミンCには美白作用もありますし、コラーゲン生成を助け、抗酸化作用があるため、多くの美容化粧品に入っています。肌の酸化は皮膚を硬くしてしまいますので抗酸化作用があるのは嬉しい事です。

さて、ニキビ痕をどうやって薄くしていくのかというと、美白成分を取り入れるのはもちろんですが、ターンオーバーを促進させ、肌再生を促すようにすることです。色素沈着が消えにくいということは、ターンオーバーのサイクルが遅くなっているということになります。

肌再生を促すことができれば、下から押し上げられる新しい皮膚によって、色素沈着ができた角質を押し出してくれます。自然に剥がしてくれるというわけですね。それにはピーリングも良いとされています。

ピーリングは毎日行うものではありません。古くなった角質を取り除きますので、少なからず刺激があるのです。使ったあとは美白成分、保湿成分をタップリと肌に与え、素肌のままで紫外線に当たることはやめるようにします。

ピーリングの適切な回数は週に1回から2回程度で、肌の状態に合わせて行います。化膿しているニキビがあるときはやらないほうが良いでしょう。その時は、ニキビ有効成分とビタミンCが入った化粧品のみで、肌には刺激を与えないようにします。